正しい結婚式二次回の行い方とは

結婚式二次会の撮影は酔ってくつろいだ皆の表情を撮影して

新郎新婦の親戚なども遠慮した、友人や知人、先輩、後輩、(学生時代、仕事上での関係も含めて)ゆるいリラックスした気分で、結婚式二次会は始まります。
この際、自分目線で撮影に回りいっそのこと写真集を作り新郎新婦に後日プレゼントしてあげましょう。
中には酔いが回りかなり悪乗りしている人もいますが、誰しもこの夫婦のこれからを応援しているのです。
撮影はそんな皆の笑顔を一人一人漏らさず撮ってあげましょう。
その前に、豪華に並べられた美味しそうなお食事やデザートなども食べられてしまう前に撮っておいて。
お子さんを連れている場合もあります。
お子さんのあどけない表情も大切な被写体。
二次会ならではの、賑わいを写真として収めるのは、被写体によく近づくことです。
自分が思っている以上に一歩前にでて撮りましょう。
またプチプレゼントを持ってきている人も中にはいます。
プレゼントをその場で新郎新婦が開けたならば、そのプレゼントを嬉しそうに眺める2人を含めて撮っておくのです。
結婚式を終えて年月が経つと当事者同士は忘れていた披露宴や二次会の思い出が、写真集を開くことで、思い出が再現されて思わず微笑んでしまうでしょう。

結婚式二次会も引き続きプロのカメラマンに撮影してもらおう

結婚式二次会はとても楽しいものです。
結婚式本番よりも盛り上がる場合があります。
ですから、二次会の最中も写真撮影をカメラマンの人に頼んでおくと、思い出に残る写真を後に残せるかもしれません。
結婚式とは違って、二次会なら参加者の素の表情が見える可能性が高いです。
結婚式の最中には見えなかった笑顔の写真がたくさん残せるのが、二次会撮影の素晴らしいところでしょう。
お酒も入りますから楽しい雰囲気が写真を見ただけでも分かります。
結婚生活に行き詰まったときに、初心を思い出すために写真が残っているといいです。
その写真のおかげで、離婚を回避することができるかもしれません。
基本的には一生に一回のことでしかありませんので、思い出せるようカメラマンを連れて行くのは正解です。
結婚式の撮影をお願いしていた人に、そのまま二次会まで来てもらうのが一番無駄がなくていいはずです。
一人のカメラマンに一日まとめて仕事を依頼するなら、費用もそれだけ圧縮できるでしょう。

2017/4/10 更新